トレーラーハウスの住居は広さ・間取りを自由にオーダーできる?

フルオーダーなら間取りは自在に

トレーラーハウスは、タイヤが付いているけれどもエンジンを搭載していないなどの特徴があります。
アメリカでは80年以上の歴史があるといわれているのですが、最近は大きな住居からトレーラーハウスなどを使った小さな住居を求める人が多くなっている、このような理由の中にはなるべく不要なモノは持たずにシンプルな生活を求める人が多いなどが挙げられます。

トレーラーハウスは別荘や事務所、お店などで利用される人も多いのですが用途ごとに専用のトレーラーハウスがあるけれども住居などとなったときには間取りを自由にできないと不便、このように考える人も多いのではないでしょうか。
居住空間には寝室やキッチン、ダイニングなどのスペースが用意されていますが、トレーラーハウスにはフルオーダーが可能な会社もあるのでこのような会社に依頼することで自由な間取りの住居を手に入れることができますし、実績豊富な会社のホームページには施工事例など役立つ情報も満載です。

ロフトの追加で4人家族でも利用可能

トレーラーハウスは、設置場所を確保すれば住居で活用することもできますが、広さは1LDKのマンションくらいの大きさです。
一般的に、1LDKの間取りは一人暮らしからカップルなどの広さになるのでトレーラーハウスを使うとなると1~2人が一般的などのようなイメージになって来ます。
ただ、ロフトを追加するなどで居住空間を広げることも可能になるので、4人で生活されている利用者も存在しているようです。
基本的な最大サイズは11m×3.4mで、約22畳の広さになるわけですがこれにロフトを追加すれば家族間のプライバシーを得ることができる住居にすることも可能になるわけです。

トレーラーハウスは一見狭い印象を持つ人も多いかと思われますが、標準仕様になっているバスルームはマンションなどで使用されているような0.75坪サイズで、トイレが別になっていますので家族がお風呂に入っているときでもトイレを利用できるメリットもあるのではないでしょうか。

まとめ

トレーラーハウスの広さはマンションの1LDKと同じくらいの広さになりますが、ロフトを追加することで居住空間を広げることができます。
また、トレーラーハウスのフルオーダーを可能にしている会社を利用することでお風呂とトイレが別の空間になっている0.75坪タイプのユニットバスを導入することもできますし、トレーラーハウスを専門にしている会社は施工実績も豊富にあるので、ホームページを通じて施工事例を見れば間取りを自由に決められることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。