トレーラーハウスの住居のセキュリティ対策は万全にできる?

鍵を許可することが基本

生活スタイルの多様化が進み、トレーラーハウスを住居として利用する人も増えてきました。
ただし、いくつかの面で普通の住宅よりも劣りがちな点があることは否めません。
その代表ともいえるのはセキュリティ面の性能です。
不審者に押し入られることが心配で、興味があるけれどトレーラーハウスでの生活を始められないという人もいます。
しかし対策の仕方次第では、一般的な住居に負けないほどの防犯性をトレーラーハウスに負荷できます。

最もシンプルな対策は鍵を強化して、物理的な解錠のハードルを高めることです。
スマートキーは優れた技術を用いたものですが、一方でハイテク犯罪の温床になっている側面もあります。
したがって、前時代的に感じるかもしれませんが、物理的な錠前を付けたすことも効果的です。
とはいえ、目立つところに設置すると、すぐに突破されてしまう可能性があります。
できるだけ内側に付けて、外の鍵を突破された後の時間稼ぎに使いましょう。

ITの技術も積極的に活用

ITを活用することも、トレーラーハウスのセキュリティ強化に役立ちます。
普通の住居とは異なり、光回線が届いているわけではありません。
そのため、対策の拠点として機能するのはスマートフォンになります。
監視カメラを購入して取り付ければ、自分が離れている場所にいても車内や車外の様子を監視できます。
ドライブレコーダーはあくまでも記録が目的であり、効果を発揮するのは犯行後です。
未然に防ぎたいなら監視カメラを別途用意したほうが良いでしょう。

一般的な住居でも、監視カメラを取り付ける家庭が多くなっています。
それに伴って製品のラインナップも充実し、車載用のタイプもたくさん開発されるようになりました。
リアルタイム性が重要なので、通信速度をチェックしたうえで購入しなければなりません。
高画質と低画質のモードが備わっていると、用途に応じて切り替えられます。
トレーラーハウスの全方位をカバーできるように複数台を設置するのが望ましいです。

まとめ

トレーラーハウスである以上、堅牢な住居よりも隙が多くなるのは仕方がありません。
とはいえ、工夫次第で万全に近づけられるので諦めなくても大丈夫です。
上記のように鍵の強化とIT技術の活用を軸として、カスタマイズしていけば安心できる状態になります。
トレーラーハウスでの暮らしに憧れる人は多いですが、セキュリティ面を甘く見ないように気を付けなければなりません。
どのような対策を行えるのか十分に検討しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。