トレーラーハウスの住居についての疑問をわかりやすく解説!

トレーラーハウスの住居についての疑問をわかりやすく解説!

日本ではあまり馴染みがないですが、近年注目され始めている住居の1つにトレーラーハウスがあります。
トレーラーハウスを簡単に解説すると車で牽引して移動できる住居のことで、国土が広いアメリカでは広く浸透したり普及しています。
一箇所に留まる必要がなく、それでいて住み慣れた住居と共に移動できますから、魅力的な住居の形態として注目を集めます。
様々な特徴やメリットがあるので、住居の購入を検討していたりトレーラーハウスに興味を持ったら、詳しく確認してみることをおすすめします。
トレーラーハウスに関する疑問点が解消すれば、魅力の理解が深まってより興味が増すでしょう。

トレーラーハウスの定義や特徴の解説

トレーラーハウスはそれを牽引する車と、牽引される住居部分に分けられている車両を指します。
似ているものにキャンピングカーがありますが、こちらは住居部分が車と一体化している点が大きくことなります。
一方、トレーラーハウスは車両と住居部分が別々なので、切り離したり交換することも可能です。
トレーラーハウスを牽引する車両には、法律上それと認められているものと、申請によって許可を受ければ公道を走ることができるものがあります。
車両と住居が一緒に移動するわけですから、車両の区分なのか住宅とみなされるのか、その線引が必要不可欠です。
しかし、トレーラーハウスは車両が主体と考えられているので、車両よりの区分で判断が行われることが殆どです。
キャンピングカーは文字通りキャンプを目的とした車ですが、トレーラーハウスは住居でもあるので、設備が本格的で充実していることが多いです。
つまり一時的な宿泊や短期的な住居ではなく、中長期的に生活ができる設備が揃っているのが一般的だといえます。
トレーラーハウスで暮らしている人達の多くは、トレーラーハウスを単なる家つきの車というより、車輪つきの住居と捉えている傾向が強いです。

トレーラーハウスの税金に関する解説

トレーラーハウスは法律的には車両扱いなので、税制面で住宅と比べてお得になるメリットがあります。
車なので当然ながら自動車取得税や重量税、自動車税が発生しますし納めることが必要です。
しかし住居であっても住宅ではありませんから、固定資産税が発生することはないです。
土地も不要ですから、近隣住民と折り合いをつけるような、近所付き合いに頭を悩まされないのも魅力的です。
その場所の景色が飽きてきたら自由に移動できますし、移動の際に面倒な手続きや納税も不要なので、この点にトレーラーハウスの魅力があらわれます。
勿論、不動産取得税も発生しませんし納税も不要ですから、同じ規模の住居でも住宅と比べてトレーラーハウスは大幅にお得に手に入ります。
維持管理に要する費用は住宅に近いですが、税金については車両の域を出ないので、税制面でお得なのは明らかです。
これは家が欲しい、でも税金が負担に感じられたり移動しながら好きな場所で生活したい、そういうニーズに応えられることを意味します。
移動できることに落ち着かない人もいるでしょうが、トレーラーハウスはまさに場所に縛られず、お得に入手できて維持の負担も小さく抑えられるのが特徴です。

トレーラーハウスのメリットの解説


トレーラーハウスのメリットはいくつもありますが、税制面のお得を始めとして、住居としても別荘のような扱いにできることもメリットに挙げられます。
車で牽引できるという前提条件はありますが、牽引可能なサイズであれば、広々とした住居を造って乗せることもできます。
キャンピングカーだと、精々夫婦2人と小さい子供やペットが暮らせる広さですが、トレーラーハウスなら夫婦2人に大きい子供2人も余裕で暮らせます。
このように、キャンピングカーに近い利便性でありながら、住居としては住宅に限りなく近いことがわかります。
住宅に備わるトイレやシャワー、キッチンといった設備は一通り揃っているので、水道もガスも電気も使えます。
水道はタンクを搭載するか、給水設備から水を引っ張ってくる必要がありますが、いずれにしても水の供給源さえ確保できれば問題なしです。
ガスは必然的にプロパンガス一択となりますが、ボンベを積めばどこでもガスが使えます。
電気はバッテリーが使えますし、ソーラーパネルによって発電することも可能です。
電気が使えれば冷蔵庫も使えるので、食材を冷蔵したり冷凍保存するのも容易です。
つまり、一度の買い物で当面の食料品を確保できますから、頻繁に買い出しに出たり外食に頼らずに済みます。

まとめ

トレーラーハウスの住居は、車両部分と一体のキャンピングカーとは異なり、車両と住居部分に分かれているのが特徴です。
造りや機能性は住宅に近いものの、区分的には車両に該当しますから、納める税金は車に関係するものとなります。
固定資産税や不動産取得税は掛からないので、お得に移動できる住居が手に入れられます。
住居が移動できるのがトレーラーハウスのメリットですが、家族みなで暮らせるほど、大きくて空間に余裕があるのも魅力です。
電気ガス水道はすべて使えるようにできますし、冷蔵庫やキッチンを設置して生活可能ですから、トレーラーハウスの住居は住宅そのものです。

おススメサイト
トレーラーハウスを住居として利用するって?という方へ
住居や店舗としてトレーラーハウスを販売しているサイトはこちら